湯冷ましってなあに?

 

 

湯冷ましとは、一度沸騰させた水を人肌程度に冷ましたものです。

 

 

日本の水道水はキレイなものですが、長年使用した水道管に雑菌が付着している可能性があること、消毒のために塩素(カルキ)が含有しているために、それらを除去するため沸騰させるんです。

 

 

 

赤ちゃん(特に新生児)の胃腸は免疫もなくまだとても弱いので、負担をかけないためにも、口に入る水は、沸騰させてから利用するのがおすすめです。

 

 

また、赤ちゃんの水分補給として飲ませる場合は、常温〜40度位に冷ましておくとよいでしょう。

 


 

湯冷ましとは、本来なら自然に冷ましたもののことを指しますが、
調乳のため、作り置きのためにいったん冷蔵庫で冷やして利用される方も多くいます。

 

 

ただし、赤ちゃんに冷たいまま与えるのはお腹を壊してしまうのでNGです。

 

湯煎するかレンジで温めたりして適温にしてから飲ませましょう。

 

 

それから、カルキ(塩素)を除去した水は消毒効果がなくなり腐りやすくなっています。
長期保存ができない点に注意が必要です。

 

 

白湯(さゆ)とは違うの?

 

白湯は水を沸かしたもの。ひと肌程度のぬるま湯のこと。

 

湯冷ましは白湯を冷ましたものですから、基本は同じものを指します。

 

 

赤ちゃんに湯冷ましはあげる?あげない?

 

 

 

 

ひと昔前には「 赤ちゃんに湯冷ましを 」
と言われていた時代もあったようで

 

お義母さまから、積極的にすすめられる
ママさんも多いようです。

 

 


しかし、その理由が「乳離れできないから」というのは特に根拠がないので気にしなくてOKです。

 

看護師の友人も特に要らないとの意見でした^−^

 

 

もちろん害のあるものではないので、夏の時期、お風呂上りの時などの水分補給に飲ませてみるのはよいことです♪

 

 

ただ、湯冷ましをあげなくてはいけないとか慣れさせなきゃってことはないので、あまり気にしなくても大丈夫ですよ!

 

 

調乳用に湯冷ましを用意しているなら、サッとあげることもできますが
お風呂上がりのためだけに、お湯沸かして冷ましてって・・・けっこう面倒ですよね。

 

 

答えはどちらでもよい、です(o^−^o)

 

 

 

子育ては息抜きや手抜きだって大事♪

 

 

湯冷ましをかんたんに用意するならウォーターサーバーがいちばん(^^♪

 

難しいことを考えなくても清潔で安心な白湯がいつでも飲めます。

 

 


アクアクララのキャンペーン情報はこちら

 

 

何より粉ミルクの調乳がとっても楽チン!!
一度使ったら手放せない便利さです。

 

 

我が家ではパパが率先してミルクを作ってくれたり、
コーヒーもセルフで作るようになりましたよ(笑)

 

 

こまめに水分補給したい夏も、寒い日に温かい飲み物でホッとしたいママのティータイムにも一年中大活躍です。

 

 

ウォーターサーバーの中でも人気のアクアクララは、
ママ応援プランで申し込めば特典があってお得です。

 

 

まとまった出費も不要だから、どれだけ便利か試してみる価値はありますよ〜(^^
満足できなければ解約できますしね。

 

 

ママがちょっとした余裕を持っていつも笑顔でいられるのが赤ちゃんにとっても一番☆
ホントにあっ!という間に大きくなっちゃうので、息抜きしながら楽しんで育児しましょ(^^♪

 

ベビアクアプランの詳細をみる